ヒーラーズ・ガーデン

お気の向くまま-エネルギー・ワーカーのお喋り散歩

今日の一枚-「裁き」「つながり」Dr.チャック・スペザーノのセルフ・セラピー・カード

 

今日の一枚は

 

ヴィジョン心理学で知られるDr.チャック・スペザーノ

セルフ・セラピー・カードからです。

このカードは(被害者、人間関係、無意識)と

(ヒーリング・ギフト・恩恵)という6組に分かれていて

全体では、大きくネガティブとポジティブのセットになっています。

今回は、それぞれのパートから、一枚ずつ引く二枚引きです。

 

4 裁き    JUDGEMENT(犠牲者)

このカードの意味:自分への非難が他者に対して投影されたもので、罪悪感がひそみ、問題を否定している。かかわりを持とうとせず、優位にたって行動すること。

 

 このカードを受け取ったなら、裁くことをやめましょう。人を許せば、自分にも罪がないことを認めることができます。また、自分自身を許せば、人が悪いのではないということも見えてきます。「裁き」を手放すと再び人生を前向きに生きることができるようになります。

 

f:id:koboaoineko:20180813111354j:plain

 

31 つながり  JOINING (ヒーリング)

 

このカードの意味:ふれあいを再び作ること。パートナーシップ。共に勝つ状態を達成する。ひとつの解決をみつけること。

 

 このカードを受け取った人は、まず最初に人とつながっていない状態を終わらせましょう。そして今の状況の中でかかわりのある人達とつながる必要があります。あなたの恨みや隠れた罪悪感、非難やひそやかな失敗感、怖れや痛みなど相手との距離を広げるものにとらわれることより、相手の存在の方をもっと大切にしましょう。

 

どんな問題であっても解決法はいつもひとつ『つながる』ことなのです。

 

 

セルフ・セラピー・カード

セルフ・セラピー・カード

 

 

   

 

 

このドクター・スペザーノの心理学系のセルフセラピーカードは、

結構、痛いところをついてくるけど

つまり思い当たることがあり、

状況を客観的に知って、前に踏み出すきっかけになる

という定評があります。

 

実際、個人的には、まさに図星で(苦笑)

もう言うことないです(笑)

蛇足ながら、水面下で悶々としていても

感情が露呈することはあります。

私は、調理中にお湯がちょっと手にかかり

軽いやけどになるところでした。

炎症や痛みは、怒りのシンボルの一つです。

幸い、すぐに対処して治まりましたから

この程度でよかったな、と感謝でした。

 

himitsunaniwa.hatenablog.com

 

今月は、土曜(11日)の新月(日食)そして

月末には(26日)の満月とパワフルな動きがありますが、

それぞれの課題が浮上してくる時期で

要らないものは手放して

どんどん軽くなることが

求められているようですね。

 

多くの場合、家族や身近な関係性は

学びやチャレンジ、過去生からの清算(いわゆるカルマの解消)

の対象であるようで、人生の中で繰り返し取り組む必要が

でてきます。一つずつ取り組んで入る中で、

また同じような状況が訪れるように感じるのは、

人生も螺旋形で上昇していくためともいわれます。

何度か取り組んでいれば

少しずつは解消していたりするものです。

抵抗が強いうちは、全く受け入れられないかもしれませんが

だんだん、しょうがないなぁと諦めて?

自他ともに許せるようになるかもしれません。

 

その人の人生の課題は、個人的に何かを達成するというより

実は、こうした関係性の中でクリアしていくという形が

大半といえるでしょう。皆つながっているからです。

 

今回のカードのように、裁きという犠牲者意識を手放して

つながりを再構築するという人も結構いるのでは

ないかと思われます。

 

 クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村


人気ブログランキング

ありがとうございます。