ヒーラーズ・ガーデン

お気の向くまま-エネルギー・ワーカーのお喋り散歩&日々のオラクルカード・メッセージ

Dr.チャック・スペザーノのセルフ・セラピー・カードより-幻想の「怖れ」を手放し、本来の「愛」へ戻る

 

 

 

 

今日は、

ビジョン心理学で知られる

チャック・スペザーノ博士のセルフ・セラピーカードを

引きました。

こちらは、ネガティブグループから一枚と、

それへの対処を示すとされる

ポジティブグループからの一枚で見ます。

 

f:id:koboaoineko:20181120103914j:plain

 

まず左側、ネガティブグループはVICTIM(犠牲者)群からでした。

 

1 FEAR 怖れ

意味:未来に対する防衛から起こる分離感、葛藤、喪失や攻撃の想念

 ほとんどの人は、『怖れ』は外側からやってきて自分を脅かすものだと考えています。ところが、実は『怖れ』は自分の心の内面からやってくるのです。

『怖れ』とは、内面的な葛藤があり、心が別々のふたつのものを望んでいることを示しています。欲しいもののひとつに向かって進んでいくと、必ず何かを失う『怖れ』が生じます。過去の中に生きていて、まだ起きてもいない将来に対処しようと計画したり、防衛したりする結果として『怖れ』が出てきます。

 

出た~といった感じでしょうか…(;'∀')

カードを見ると、実体は小さな動物なのに、

その大きくなった影をみて怯える人の絵柄です。

様々な問題やネガティブな感情は、

怖れから生じると言えるとあります。

怖れは、自分を人や状況、物から引き離して

守ろうとする結果としても生じ、それに

気づいていないからだともいいます。

 

 実際は内面にある分離感が、恐ろしい状況を引き起こす原因となっています。人とつながり、ばらばらなものをひとつに統合し、愛をもってその状況にのぞむと『怖れ』は徐々に解消していきます。自信をもって前に進めば過去へのわだかまりは消え去るのです。

 

というわけで

次にポジティブグループですが、GRACE(恩恵)群からでした。

もう、先の引用にあった怖れの解消となるものがズバリですね。

 

42 LOVE 愛

意味:あなたと大いなる存在との一体感を認識すること。自分自身を『愛』すること。分かちあうこと。

 

 人生とは、「私達は『愛』そのものです。」という認識への向けての、霊的な進化と成長の過程です。――私たちの魂の旅は、癒しによって「自分は『愛』以外のもの」という幻想から目覚め、「自分の本質は『愛』ということを認識することです。――つらく苦しい世界ができるのは、これ以外のことを信じている観念があるからにすぎないのです。

 

今日のカード二枚は

ある意味、わかりやすかったかもしれませんね。

最初の「怖れ」のカードを引いたら

責任を持つことを求められているともありました。

状況についての考えを変えてみることで

ポジティブな感じ方を選択できます。

 

 ネガティブな感情が解消され、ポジティブな愛の感情に変わるまで感じ続けると選択すること、人とつながること、意欲を持つこと、信頼して任せることなど。あなたが意識を変えて、今とは違う反応をすれば、今直面している状況や世界をも変えることができるのです。

 

そして、『愛』のカードを引いたら

”喜びの一日です”ともありました。

 

 今日一日を自分自身への『愛』でいっぱいにしましょう。そうすると「愛」が溢れだし、あなたを通して他の人達にも『愛』が降り注がれるでしょう。 

 

自分が幸せになるのは、わがままでなく

世界への貢献だと知るといいですね。

 

しかし、この心理カードは評判通り深い…。

時に痛い指摘もあるけれど、気づきや得心することが

多々あります。

  

 

 

クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ありがとうございます。