ヒーラーズ・ガーデン

お気の向くまま-エネルギー・ワーカーのお喋り散歩&日々のオラクルカード・メッセージ

Dr.チャック・スペザーノのセルフ・セラピー・カードより-「期待」を「手放す」

 

 

今日は、

ビジョン心理学で知られる

チャック・スペザーノ博士の

セルフ・セラピー・カードから引きました。

 

こちらは、心理カードなので

課題の原因と思われるネガティブ群からと

その解決のためのポジティブ群から一枚ずつです。

 

f:id:koboaoineko:20181104102612j:plain

 

まず、ネガティブグループからは

VICTIM(被害者)群のカードで

5 EXPECTATIONS 期待

が出ています。

意味は、

自分の満たされていない欲求が満たされるべきだと要求すること。

不満足、不十分だという感覚。

 

『期待』とは、物事がこうあるべきだと思い描くイメージです。

『期待』っていると、その『期待』以外のことではどれも満足できず失望してしまいます。

 しかし、たとえ思い描いたイメージ通りの結果になったとしても、心の中にある欲求は満たされません。

 ひとつのことが期待通りになっても、すぐにそれよりひとつ上の状態を『期待』してしまいますから、満足感は永久に得られないのです。

 

実は『期待』することが

ストレスを引き起こす原因のひとつだといいます。

自分に期待をかけるより、目標を設定することを

勧めていて、目標は修正し直せるからです。

 

 このカードをひいた時に見て欲しいのは、あなたがどれだけ自分に『期待』しているかであり、ひいては周囲の人にどれくらい『期待』をかけているかです。

 人に何かを『期待』する時は、あなたの方からは何も与えません。

 

 あなたは周囲の現実をありのままに受け入れ、頭の中の空想を手放す必要があります。

 

客観的に物事を捉え

人とつながり、相手とふれあうことで

物事はなるべくようになり、

満足と愛が生まれると伝えています。

 

そして、ポジティブグループからは

HEALING(癒し)群のカードで

27 LETTING GO 手放す

が出ました。

意味は

執着を『手放す』こと。過去の喪失や欲求を『手放す』こと。現在の視点を取り戻すこと。次のステップへ向けて積極的に心を開く。

 

『手放す』ことによって癒されるのは、執着やしがみつくこと、期待、ストレス、完璧主義なのです。そのどれもが根底には、物事や、人や、自分が「こうあるべきだ」という、あるイメージや要求があります。そういう要求は、それがあれば欲求が満たされるだろうという考えです。しかしそれは常に失望や欲求不満をもたらします。

 

『手放す』ことによって解放されるのは、非難や恨み、罪悪感、喪失、欲求、そしてすべての執着やしがみつきの下に隠れている怖れです。『手放す』ことを選択すると、魅力は復活し、人生の道が開け進歩します。そうすれば次の一歩を進むことができ、新たな可能性やより真実の人生がもたらされるのです。 

 

ずばり、期待を手放しましょう。

わかりやすかったですね(笑)

実は、期待や執着の根底には怖れがあり、

あるがままを受け入れないことにもつながります。

愛するということは、そのまま受け入れること

でもあるんですね。

また今、

期待を手放すことは、誰もが直面する課題だとも

いわれます。

頭で考えてしまうのは、期待があるからだと

いうわけです。

これからの時代に大切なのは

直感とフィーリングによる選択だいうことを

あらためて心することとします。 

 

 

 

 

クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ありがとうございます。