ヒーラーズ・ガーデン

お気の向くまま-エネルギー・ワーカーのお喋り散歩&オラクルカード・メッセージ

意識して(エネルギー的に)不要な思いやエネルギーを手放す方法

 

私たちは

日々、様々な物事や人々に出会い

影響を受けたり、及ぼしたり、

いろいろな思いや感情を抱きつつ

過ごしています。

 

気に入っていることなら、ともかくも

要らない思いやエネルギーまでも沢山

取り込んだままにしていると

目には見えずとも

不用品に溢れた部屋のように

雑然とし、文字通り、何となく

気が重くなったりすることもあるでしょう。

 

こうした要らない思いやエネルギーを手放すために、

意識することで行う方法がいくつかあります。

 

  

 

 

まず、エネルギーワークでは、

毎日、常にグラウンディングをしている、ことが

基本になります。

グラウンディングは、いわゆる、地に足をつけている状態です。

エネルギー的には

尾てい骨の下あたりから、地球の中心に向けて

コードでも、木の根みたいなものでもいいのですが、

しっかりと下して、繋がっているイメージをするのです。

最初は何かあるとすぐ抜けてしまう場合も多いので、

(落ち着きを失った感じ)

事あるごとに、下し直して、繋がりを確認します。

 

そして、このグラウンディングコードを通じて

要らない思いやエネルギーを、

地中に流し出すという方法があります。

(大地から地中に流れるうちに、エネルギーは浄化されるので

心配はいりません)

 

 

これは、自然の中で、大木に癒してもらうのと同じです。

気に入った大きな木に、話しかけて許可をもらい、

触れたり、抱き着いて

やはり要らないマイナスなエネルギーを流してもらうのと

同じ方法です。

木は、私たちのマイナスのエネルギーも綺麗にして

地中に流してくれます。

大きな木には精霊(スピリット)もいる場合も多いので

お礼を言うのもお忘れなく。

 

そして、ヒーリングのスクールで習った方法に

要らない思いなどのエネルギーを、たとえば

箱(を想定する)の中に入れて、爆破するというものが

ありました。一瞬で消し去るイメージですね。

これは、慣れてくれば、もうしょっちゅう

どんどん、捨て去ることも出来るようになります(笑)

何だ、と思う人もいるかもしれませんが、

殊の外パワフルなやり方で

ゴミだらけのオーラもキレイになっていきます(笑)

 

また、自分以外のエネルギーは、元の持ち主に返すように

意図します。(家に帰りなさいと言う、とか)

最後に、美しいゴールドの光を頭上から入れておくと

いいでしょう。 

 

生きる不安への「答え」

生きる不安への「答え」

 

 

これまでご紹介したレバナ先生の著書に方法が載っています。

 

ヒーリングプラクティス〈2〉

ヒーリングプラクティス〈2〉

  • 作者: レバナ・シェルブドラ,Levanah Shell Bdolak,坂本貢一
  • 出版社/メーカー: メディアート出版
  • 発売日: 2004/05
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

実際的に、

嫌なことなどを紙に書いて、燃やす、破くといった人も

いるかもしれませんね。

いずれにしても、

想定したものはエネルギーとして存在していくので

エネルギーレベルで不要な物事を手放すのは、

大事なことといえるのです。

 

よく波動を上げるという話もきかれますが、

波動を軽くするには、

私たちのエネルギーをクリアにしていく

必要があります。

 

一年に一度の大掃除以前に、

日頃から、ちょっとずつまめに

掃除をしておいた方が楽なのは

いうまでもありませんよね(;'∀')

 

クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ありがとうございます。